オフィスアサイの理念

オフィスアサイの理念、ワンストップソリューションを目指します「小規模企業の発展をオフィス環境から支える」
代表取締役・浅井勝のそんな想いから、中部事務機再販はスタートしました。
今や「ヒト」「モノ」「カネ」に次いで、会社の重要な要素として重要視される「環境(ファシリティ)」。会社にあった環境整備が社員の能率アップに繋がります。とはいえ、その費用は決して安くありません。中小企業になると、ちょっとした思い切りが必要な場合も…。

中部事務機再販が目を付けたのは、オフィス家具の「リユース(再販)」でした。「中古品を買う」という選択をもっとポジティブにできないか。「資源の再活 用」「リサイクル」が注目される中、リユースはほとんど手の付けられていない分野でした。そこに活路を見出したのです。産業廃棄物として処分されるか、バラバラにされてしまうオフィス家具を必要最小限のコストで安く販売する。市場は小さかった。だからこそ、市場を広げられればそこでNo.1になるのも夢じゃない。オフィス家具リユースのパイオニアとして、業界内で独自の道を切り拓いてきました。

【中部事務機再販のキーワード】4R活動

中部事務機再販4R活動の「リサイクル」は誰でも知っている言葉ですが、実はリサイクルは資源再利用の最終手段。ゴミを効率的に減らすため、中部事務機再販は4つの“R”に取り組んでいます。

(1)Reduce(買取):オフィス家具や事務機器の買い取りは、ゴミの発生そのものを減らします。
(2)Repair(修理・清掃):壊れたものを修理して、キレイにして、再び使えるようにします。
(3)Reuse(再販):使えるモノはもう一度使う。「捨てる」「壊す」の前にこの選択肢が入ることで、手間や費用を抑えつつ、ゴミを減らすことができるのです。
(4)Recycle(分別):そのまま使えないものは別の方法で活かす。材料や燃料としての再利用を外部業者と提携しながら進めています。

この一連の流れを自社で請け負うことができるのが中部事務機再販の特徴であり、強みのひとつです。